山本キッドはハーフじゃない!

総合格闘家

格闘家の山本キッドって知ってる?彼は総合格闘技の軽量級を盛り上げた超有名人であり、伝説の人。彼の事を初めて見た時は、顔が整いすぎてるからハーフだと思った。でも、違うよ。

 

 

山本キッドはハーフじゃない!

ネットでデタラメを発信してる人がいる。

何を根拠にハーフって言ってるんだろうね。こんなデタラメを発信するから、勘違いしちゃう人がいるんだろう。

 

山本キッドの父親(山本郁榮)の出身地は愛知県高浜市。

画像出典元:『https://celeby-media.net/I0002277』

生年月日は1945年2月17日。「キッドの父親は鹿児島県出身だからハーフ顔」といってる人がいるけど、彼は愛知県高浜市出身。学歴は『高浜市立高浜中学校』『高浜市立高浜高校』『日本体育大学』よ。

レスリングの選手として活躍し、ミュンヘン五輪にも出場してる。

 

 

山本キッドの母親(山本憲子)について。

.

画像出典元:『毎日新聞』

キッドの母親についての情報はあまりない。1999年に白血病で亡くなっている事が分かったわ。顔を見るとキッドは父親に似た事が分かるよね。

憲子さんは女性初のレスリングの審判員であり、鍼灸師の資格も持っていた。他には健康運動指導士という資格も持っていたみたい。子供達がレスリング漬けの生活を送っていたから少しでも力になろうと思ったんだろう。

旦那との出会いはお見合いだったみたいだから時代を感じる。そんなことより、どう見ても日本人よね。

 

まとめ。

今回は山本キッドがハーフではないと分かる説明をした。両親ともに日本人だからデマに惑わされないで。

コメント

スポンサーリンク