玉置浩二の性格が変わったのは統合失調症だったから!

歌手

玉置浩二って一体どんな性格をしているのかしら?気になった人も多と思うし、結構謎だから調査してみた。

 

玉置浩二の性格が変わった?

冒頭言ったけど、玉置浩二って謎に包まれているよね。というより、不安定って感じ。田園の曲をだした時と現在の彼は別人のようだよね。気性が荒いという話は聞いた事があるんだけど、有名になるにつれ精神的におかしくなっていった気がするの。

 

玉置浩二はライブをドタキャン。統合失調症を告白していた。

玉置浩二は体調不良でライブを中止した時があったよね。奇行で病んでいるとの噂が瞬く間に広まり、薬物の噂まで飛び交った。それは今でもなんだけどね。嫁の青田典子と一緒に捕まるとか訳の分からないことを言ってる人が居たけど、どうなんだろう。

実際に玉置浩二は自身の半生本で統合失調症を告白してる。長年その病気に苦しんでいる事が分かったの。仕事が忙しくなるにつれ、人間関係のトラブルも増え、精神的に病んでしまったという訳。最終的に入院することになってしまったの。




玉置浩二は躁うつ病も患っていた。

玉置浩二は2007年に慢性膵炎が悪化して入院してる。その頃に彼はマスコミに文句を言ってる。週刊誌などが彼のある事ない事を執筆して、人間不信に陥ったという事が分かったの。躁鬱病も患っていたといわれてるわね。

統合失調症について↓

統合失調症は、およそ100人に1人(1%)が罹患し、主として思春期~成人早期に発祥し、多くは慢性・再発性の経過をたどります。幻覚や妄想などの精神病発状に加え、意欲低下や自閉症などの社会的機能の低下も起こります。

引用元:『https://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r3/sub3.html』

躁うつ病について↓

双極性障害は、人口のおよそ1~2%に発症し、単極性は頻度の高いありふれた病気です。躁状態の症状は、高揚した気分、やり過ぎ、誇大妄想などであり、うつ状態では、憂鬱な気分、悲観的な考え、食欲低下、不眠などの多彩な症状を呈します。

躁うつ病は、本来、時間の経過に伴い自然に回復する病気ですが、躁状態を放置しておくと、重大な社会的逸脱行動を生じることがあり、うつ状態では本人が強い苦痛を感じる上、●殺行為に傾き易いため、できる限り早く治療を開始することが重要です。

引用元:『https://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r3/sub3.html』

玉置浩二がライブ中に観客と喧嘩したのも病気が原因になっている事が分かるよね。途中でライブを中止したり、歌詞を間違えたりしたら薬物の噂が出るのも仕方がない。ステージ上で倒れたといっている人もいたわね。

今の玉置浩二は以前に比べて大分落ち着いたけど、それは母親のお陰だったかもしれないわね。

  • 「お金の事とかメンバーの事は考えないでいい。」
  • 「音楽で悩むんだったら辞めればいい。農家しよう」

こう言った言葉を受け、玉置浩二は精神的に回復してきたらしいわ。

まあ玉置浩二は純粋な心の持ち主だし、だからこそメディアの誇張した記事や嘘の記事などで精神的に病んだんだろうね。玉置浩二はバツ3だけど、決して遊び人だとは思わないし、誤解されやすい人間かもね。。。

 

まとめ。

今回は玉置浩二の性格について話した。性格変わったといわれるのは、統合失調症を患って数々の問題を起こしたからだよね。躁うつ病も患っていたといわれてたから、相当病んでいたんだろうと思う。やっぱり有名になればなるほどマスコミからある事ない事書かれるし、ストレスも溜まるよね。

一時は入院もしていたと言われるぐらいだけど、母親の励ましの言葉と、嫁の青田典子に支えられて生きていると思う。人生いろいろあるよね。

コメント